運動して英語もしゃべって

慌ただしい2歳児ママの育児ブログ

わたしの推し「フツーの会社員だった僕が青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉」

f:id:memegane_mamachan:20220105072936g:plain

更新記事2021/1/5

箱根駅伝盛り上がりましたね。

中でも青山学院の圧倒的な優勝は印象に残りました。

青山学院は昔からの強豪校だと思っていましたが、実は原監督が来てから変わったそうです。

原監督の書籍「フツーの会社員だった僕が青山学院大学箱根駅伝優勝に導いた47の言葉」が、2022年最初の私の推し本になりました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

フツーの会社員だった僕が青山学院大学箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉 [ 原晋 ]

価格:1,430円
(2022/1/5 06:27時点)
感想(11件)

2015年の出版の書籍です。

7年前の本というと少し前の印象を受けますが、スポーツ世界にも、子育て世界にも子供達に必要なスキルを育てる内容がギュッと詰まっている1冊です。

 

古いしきたりが残りやすいスポーツ世界

私自身も体育学部卒。

体育会系の部活では、世間一般では非常識な常識が当たり前。

先輩、コーチ、監督の存在は絶対です。

大学生になってまで1年生はシャツをズボンに入れなければ怒られます。

動いてるうちにシャツが出ようもんなら、先輩に注意される。

今考えれば「なんだそれ?どこの時代?」と思うのですが、当時は完全に麻痺。

試合直後は、監督から全先輩の元へアドバイスを伺いに回らなければなりません。

クールダウンもろくにできないまま、直立してアドバイスを聞き続けます。

代々のOBも来るので、全く利に適っていない古いしきたりを変えることができなかったのです。

こういった古く、効率の悪いものを改善した原監督の信念の強さはすごい。

新参者はどうしても古いしきたりを好む人に批判されがちです。

それでも、「選手にとっていいこと」を追求できたから青山学院が飛躍できたんだなと思いました。

 

考える力の大切さ、社会に出てから生きていく力を育てる大切さ

私もそうでしたが、結果を残すことに重きを置きすぎて、スポーツに力を入れすぎてしまいます。

監督だって選手が結果を残すことで周りから認められるので、戦績を残すことに力を注いでしまいがちです。

しかし、原監督は、「社会に出ても通用する人間に育てること」を常に意識しています。

学生時代にどんなに華やかな戦績を残せても、社会に通用する力がないと社会人になった後に挫折しまうこともあるからです。

原監督は「今、選手が戦績を残すこと」ではなく、「今を含めこれからの人生を選手が幸せに生きる力を培うこと」を重点に置いた指導方法を選択していました。

ただ監督やコーチの指示を仰ぎ、その練習メニューをこなすのではなく、選手1人1人が目標を掲げ、問題点や改善点を見つけ、それに向けたメニューを自分で考える。

社会人もやはり問題を把握し、解決する力が必要です。

社会人になってから痛感するのですが、学生時代もっと自分で考えて練習や行動していれば...と思う場面は沢山あります。

学生時代に考える力を育てる大切さを知り、鍛えられるのはとても羨ましいです。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

子育てをしていると子供に対して親が指示を取ってしまいがちです。

この書籍を読んで、子供が自分の力で考えることを阻害してはいけないなと改めて思いました。

先日のインタビューで「2連覇を目指せるのはうちだけ」と原監督が言っていたのがとても印象に残っています。

「1位をキープする」という目標はモチベーションの維持が難しく、プレッシャーに感じてしまいがちですが、「2連覇を目指せるのはうちだけ」という目標設定は、選手に自信を与える言葉だなと感じました。

なんたって、オンリーワンの大学の陸上部員です。

キープではなく、1位より上の目標。

しかも来年の箱根駅伝においては、青学でしか目指せない目標です。

 

こういった言葉選びも、ぜひ子育ての参考にしたいなと思った1冊でした。

 

本日も読んで頂き、ありがとうございました。

 

-----------------------------------------------------------

楽天ルーム更新ゆっくりですが、頑張ってます! 遊びに来て頂けると嬉しいです☺️

f:id:memegane_mamachan:20210807090244p:plain

-----------------------------------------------------------

スポンサーリンク